レンタルオフィス

レンタルオフィス 予約

「空間的なスペースをレンタルする」ということは、例えば賃貸住宅での居住などに例を見出すことが出来るように、多くの人が行うことである。
ここで取り上げるレンタルオフィスも、オフィスという空間を借りて利用するという点では賃貸住宅と変わらないが、大きな違いもある。

 

例えば、レンタルオフィスというのは不動産業によって提供されるものではなく、サービス業で提供されるものである。
レンタルオフィスで貸し出されるオフィス空間は、最初から「オフィス」としての設備を整えたスペースを、月額制でレンタルすることを言う。レンタル業者が用意した設備とデザインとで、利用の間、オフィスは営まれることになる。

 

「横浜ビジネス&コミュニティ」は、横浜駅と都筑区地域での起業やSOHO事業などの事務所として使用できる「レンタルオフィス」と、地域に根差したボランティア活動や市民活動の場としてもご利用いただける「貸し会議室」からなる複合型レンタルスペースです。

引用:横浜市のレンタルオフィスを行っている横浜ビジネス&コミュニティより

契約

レンタルオフィス 契約

レンタルオフィスの利用者は、そのサービスの提供業者と賃貸契約を結ぶわけではない。スペースのレンタルを契約するのである。
そこが、不動産業者から紹介されたスペースを使って事務所を開くことと比べたときに出てくる、大きな違いである。
そのスペースにはすでに、レンタル業者によってオフィスとしての体裁が整えられており、利用者はすぐに利用を始め、利用を終えるときにはすぐに退去できるということになる。

 

多くの場合は月極を中心とした短期契約であり、不動産業者を介して賃貸契約を結ぶよりも費用を抑えることが出来るというところに、大きな特徴がある。

 

このように、スペースを賃貸ではなくレンタルするというサービスについては、オフィス全体ではなく一室のみを貸し出す貸し会議室なども含まれる。

バーチャルオフィス

バーチャルオフィスは、レンタルオフィスと語感が似ているし同じ業者が提供している場合もあるが、全然別のものである。
とはいえ、利用者に関しては同じような事情を抱えた者が含まれることも多い。

 

そもそもレンタルでオフィスを整えるというのは、資金力の問題や、腰を落ち着けて商売をするかどうか決める期間が必要だという人が行うことである。
不動産業者を介して賃貸契約を結んでしまうと、オフィスを作り上げなければならず、長い期間借り続けなければならず、撤退するときに足かせとなる。
そのような理由からレンタルオフィスは利用されるが、「仮想的オフィス」とでも訳すことが出来るバーチャルオフィスは、オフィス空間すら存在しないサービスである。

 

バーチャルオフィスにおいては、オフィスという存在だけが貸し出される。すなわち、電話番号と住所である。その二つさえあれば機能することが出来る商売もある。
そういった、わざわざ賃貸契約を結んでオフィスを準備する必要がない、という人たちがこれらのサービスを利用するのである。